キャリアとは何か?キャリアの語源と言葉の意味について

学校から社会への移行をスムーズにするため、現代では早い段階からキャリア教育が行われています。

社会に出たあとも、「キャリア」という言葉に触れる機会は度々あるでしょう。

キャリアってどんな意味ですか?

キャリアという表現は浸透しましたが、意味の理解はあいまいになっているかもしれません。

いちどキャリアの意味を整理してみましょう。

語源を辿ったあとに、言葉の定義をとらえます。

キャリアの語源

キャリア「career」の語源はラテン語の「carrus」といわれています。

carrusとは馬車や荷車など、何かを運ぶことを目的にした車輪のついている乗り物のことです。

乗り物の進行によってできる跡=轍(わだち)が、その後「途切れることなく続いていく」という意味へ発展しました。

この、途切れることなく続くという点がポイントです。

キャリアの定義

キャリアには唯一の定義がなく、提唱者によってさまざまです。

ここでは3つの側面からキャリアの意味を整理しています。

  1. 国語辞典・・・大辞林
  2. 行政機関・・・厚生労働省
  3. 専門家・・・エドガー・シャイン

大辞林

キャリア【career】

  1. 経歴。経験。
  2. 職業。特に、専門的な知識や技術を要する職業。また、それに就いている人。
  3. 日本の中央官庁で、国家公務員試験Ⅰ種合格者の俗称。 

仕事で活躍する女性を「キャリアウーマン」、公務員を「キャリア組」「ノンキャリア(ノンキャリ)組」と表現することがあります。

メディアでも2や3の意味で使われていることが多いです。

そのため、高度なスキルと関連づけてキャリアを理解している方が多いかもしれません。

厚生労働省

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。

大辞林と同じように、一般的な意味として「経歴」「経験」と、職業的な意味とを合わせています。

しかし実際のところ、厚生労働省が表すキャリアとは、主に後者の意味合いが強いです。

それは雇用問題対策としての要素が濃い、キャリア教育の現状からもうかがい知ることができます。

エドガー・シャイン

人の一生を通じての仕事、生涯を通じての人間の生き方、その表現の仕方

エドガー・シャインは組織開発や、キャリア開発に尽力している心理学者です。

人間の「生き方」や「表現の仕方」というように、生涯をどのように生きるかを重視した定義ですね。

まとめ

以上を整理した結果、キャリアとは狭い意味では職業経験、広い意味では人生経験です。

先述した語源(途切れることなく続く)に合わせるなら、「自分を作りあげた歴史」と表現できるでしょう。

現在の自分の姿は、過去のキャリアの集大成。

それは、今の生き方(進む方向)次第で、未来を自由に創造できるということです。

そのように考えると、キャリアはワタシという存在そのものといえるでしょう。

人生で得た人の縁や環境によって積み重ねたオリジナルの経験。

それがあなたのキャリアです。

要点
  • キャリアの語源はラテン語の「carrus(途切れることなく続く)」
  • キャリアに唯一の定義はなく、狭くは職業経験、広くは人生経験を意味する
  • キャリアは「ワタシという存在そのもの」と考えることもできる
The following two tabs change content below.

エッセンシャルサポート代表

【研修講師・キャリアコンサルタント】民間企業における役員秘書を経て2010年に独立。現在は企業や公的機関、教育機関にて従事。専門はビジネスマナー、コミュニケーション、キャリアデザイン。