第一印象の重要性を伝えるとき、頻出するのがメラビアンの法則です。

現在この法則について、「解釈が誤りでは?」というご意見が一部でみられます。

具体的にどこか誤解なのですか?

今回はメラビアンの法則が真に意味すること、誤解されている点、活用できる分野について説明したいと思います。

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが行った研究により、導かれた法則のことです。

言語によるメッセージと、非言語によるメッセージは、どちらが重要か

対面コミュニケーションにおける、以下の3要素が結果に与えた影響を検証しました。

  • 視覚的要素
  • 聴覚的要素
  • 言語的要素

実験ではそれぞれのメッセージを矛盾させ、どの要素を優先的に選んだ(信じた)か、比較検討しました。

結果はこちらです。ひとつ例を挙げてみます。

「怒っていない」と言う(言語)
声は落ち着いていて静か(聴覚)
表情は険しくアイコンタクトはとれない(視覚)

この場合、言葉は「怒っていない」というメッセージです。

しかし、表情や態度は「怒っている」と伝わります。

声に関しては、「怒っている」のか「怒っていないのか」よくわかりませんね。

一貫性のないコミュニケーションです。

法則に照らし合わせれば、視覚情報を採用し、この場合は「怒っている」という結論になりやすい・・・ということです。

いくとおりにも解釈できる、曖昧な情報の場合は、言語より非言語が優先される傾向にある

メラビアンの法則は、この点を伝えています。

どこが誤解?

ところがこのデータ(視覚55%―聴覚38%―言語7%)は、そのまま「印象の重要度」として、拡大解釈されるようになりました。

それが「人は見た目で判断する」「言語より非言語が大切」といった、間違った理解へと発展したのでしょう。

注目する点は、メラビアンがすべてにおいて視覚が優位とは結論づけていないところです。

この法則には、「いくとおりにも解釈できる場合」という前提があります。

つまり、客観的事実を伝えるコミュニケーションでは、この限りでないということです。

たとえば論文の発表や、時事を伝える場面など。

話し手の外見や声より、話の内容の正確性を重視することはないでしょうか。

活用について

意味を正しく理解したうえで、メラビアンの法則を活用するなら、相手を動かすコミュニケーションが求められる分野です。

営業や接客、プレゼン、就職面接など。

これらは与える印象が、結果に影響しやすい分野です。

人の印象は個人の主観によるため、法則の前提である「いくとおりにも解釈できる」に該当するでしょう。

人間は感情で動く傾向にあります。

話を好意的に受け止めていただくためにも、外見や声にまで気を配りたいですね。

要点
  • メラビアンの法則は「多様な解釈の場面で」言語より非言語が優先されると伝えている
  • すべてにおいて「見た目」を重視する理解は誤り
  • メラビアンの法則を活かせるのは、相手を動かすコミュニケーションが必要な分野
The following two tabs change content below.

エッセンシャルサポート代表

【研修講師・キャリアコンサルタント】民間企業における役員秘書を経て2010年に独立。現在は企業や公的機関、教育機関にて従事。専門はビジネスマナー、コミュニケーション、キャリアデザイン。