「メラビアンの法則」の誤解とは?本来の意味からわかること

人間関係において、第一印象はとても大切です。

それを伝える際、根拠として登場するデータに「メラビアンの法則」があります。

ビジネスマナー研修やコミュニケーション研修で頻出しますね。

ところが、この法則を誤って理解されているケースがあるようです。

  • メラビアンの法則が意味すること
  • メラビアンの法則が誤解されている点

本記事は、上記2つに触れています。

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの研究によって導かれた、コミュニケーションに関する法則です。

コミュニケーションの情報を、視覚情報、聴覚情報、言語情報の3つに分類し、それぞれに矛盾する情報を受け取った際に、人はどの情報を優先的に信頼するかを検証しました。

結果は、視覚情報55%聴覚情報38%言語情報7%

言葉で「私はあなたに怒っていません」と伝えても、視線が合わない、声のトーンが不満じみていれば、視覚情報や聴覚情報が信頼され、「本当は怒っている」と解釈されやすいということですね。

なお、これら3つの情報は、認知処理の方法が異なります。

そのため、不整合な情報を送られると脳に負担となり、それが不快へとつながっていきます。

以上から効果的なコミュニケーションには、言語と非言語の一致が必要という結論に至りました。

メラビアンの法則の誤解

続いては、メラビアンの法則を誤解しているケースです。

大きくは、この2つだと思います。

  1. すべてのコミュニケーションに適用できるという一般化
  2. 人の印象は見た目で決まるという拡大解釈

1の場合、たとえば論文を発表する学会では、見た目や話し方(非言語)より、研究結果(言語)が優先されます。

このように、メラビアンの法則は、客観的な事実を伝えるコミュニケーションの場では適用されません。

2の場合、たしかに視覚情報は55%と、もっとも高い結果でした。

しかしそれは、矛盾した情報が届いた場合という前提によるため、印象形成に「直接的」に結びつけることはできないのですね。

ただし、メラビアンの法則を「間接的」に活用することはできると考えます。

実際に私は、身だしなみや笑顔の重要性を研修で伝える場面で、この法則を使うことがあります。

その際は、まず法則本来の意味に触れ、そこから視覚情報の影響力の強さを説明して、外見(身だしなみや表情)の大切さへつなげる…という流れです。

まとめ

今回は、有名なメラビアンの法則の本来の意味と、誤解されている点を説明しました。

メラビアンの法則は、矛盾する情報を受け取った際に優先される情報を研究した結果です。

つまり、印象形成の研究で得た結果ではないのですね。

また、客観的事実を伝えるコミュニケーションの場面では、メラビアンの法則が適用されません。

ここが誤解されている点でした。

けれど、法則から抽出したエッセンスを他で活かすことは、場合によって可能だと思います。

そのときは誤解を招かないよう、本来の意味をはじめに説明することが大切ですね。