台湾産のパイナップルを食べてみたら甘くて感動しました

スーパーに陳列された商品を眺めるのが好きで、買い物にいくと時間を忘れてしまいます。

今年に入ってから、そのなかに見慣れない果物が登場しました。

台湾産のパイナップルです。

ずっとフィリピン産一色だったのに、珍しいな…と、少し気になっていました。

その理由は、後日ニュースで知ることになります。

これまで台湾産のパイナップルは、100%に近い割合で中国に輸出されていました。

ところが、事情により取引が停止されたため、日本が支援の手を差し伸べたようです。

台湾といえば、東日本大震災のときに多額の支援金を寄せてくれた国。

そのときのお礼を兼ねて、台湾産のパイナップルを買ってみることにしました。

普段はカットされたパイナップルを買っていますので、ホールは初めて。

とても甘い香りがします。

何でもフィリピン産と台湾産とでは、パイナップルの品種が違うらしいです。

また、出荷の時期も異なり、フィリピン産は未熟のまま、台湾産は完熟してからとのこと。

だから台湾産のパイナップルは赤みが強く、芯まで食べられるほどの柔らかさと甘みが評判なのですね。

パイナップルについては、詳しく知ることができました。

……が、肝心の切り方は、さっぱりわかりません。

インターネットで得た情報のうち、一番簡単そうな方法で切り分けました。

メロンと同じ要領です。

パイナップルを見ると、ジブリの映画『おもひでぽろぽろ』のワンシーンを思い出します。

父親がパイナップルをまるごと買ってきて、大喜びの主人公。

長姉がカットしている間も、そばでうきうきしながら待っています。

ところが…

嬉々として口に入れるも、未熟なために全然おいしくなかった、というオチでした。

でも台湾産のパイナップルは、期待どおり甘くておいしかったです。

価格はスーパーによって差があるみたいですが、行きつけの店舗は400円くらいでした。

私には少々ぜいたくなデザート。

頻繁には無理なので、ときどき愉しみたいと思います。