相談の目的は「話を聞いてほしい」から「問題解決」まで色々

本記事に取り上げるのは、職務内での相談ではなく、プライベートにおける相談です。

また、相談を受けることを仕事にしていない方に向けて書いています。

日常生活において、家族や友人、知人の話を聞く機会はたくさんあるでしょう。

明確に「相談」といわれなくても、話の内容が困りごとであれば、相談かな?と思いますね。

受ける側としては、「困りごとを解決して、楽になってもらいたい」という気持ちになるもの。

けれど、話をする側が、必ずしも問題解決を望んでいるとは限らないのです。

相談者の目的

困りごとを話す人の目的は、大きく3つあります。

  1. 話を聞いてほしい
  2. 気持ちをわかってほしい
  3. 問題を解決したい
    a)助言がほしい
    b)背中を押してほしい

3.の問題解決は、a)助言が欲しい場合と、b)選択の後押しが欲しい場合に分かれます。

また、これらの目的は一つのときもあれば、複数のときもあります。

いずれにしても、優先度は1.→3.の順であることが多いでしょう。

もちろん、なかには情緒的な関わりを求めずに、問題をサクっと解決させたい人もいます。

そのときは、状況を簡潔に説明して、3.に直行…という流れになりますね。

感情を解放したい人への対応

話を最後まで聴くこと、相手の感情に寄り添う(共感する)ことは、聞き方の基本です。

共感とは、相手の気持ちを同じように感じることであり、言葉にしたり、表情や声などに表れたりして、相手の心に届きます。

不満や悩みを話す人は、溜まっているモヤモヤした感情を、解き放ちたいと望んでいます。

ところが、問題解決に主眼を置くと、早々に「どうすればいいか」の方へ話を展開しがちです。

頭の回転が速い人は、少し聞けば全体を理解できるため、この傾向になりやすいかもしれません。

これだと、話す側は不完全燃焼になってしまいます。

まずは、相手の話にじっくりと耳を傾けましょう。

問題解決に進むのは、相手から「どうすればいいか」という言葉が出てからでも遅くありません。

ただし、不満や愚痴の聞き役が続いて、苦しくなってきた場合は対処が必要です。

まとめ

今回は、プライベートにおいて相談を受ける際、陥りがちな失敗について触れました。

家族や友人のように、親密な相手からの相談を受ける機会は多いと思います。

そこで相手が不満をみせるなら、相談の目的を誤って理解している可能性があります。

相談=問題解決ばかりではないのですね。

また、最終的には問題解決が目的だとしても、その前には、話を聞いてもらいたい、気持ちをわかってもらいたい、とう思いがあります。

  • 最後まで相手の話を聴く
  • 相手の感情に寄り添う

この2つを意識して話を聞くだけでも、相談者の満足度は高まると思います。

相手の苦しみが少しでも和らぐのは、相談を受ける側にとっても嬉しいことですね。